Student Voice

同じ夢と目標を持った仲間が沢山。
現場で活躍できる知識と技術を身に付ける。

多くの卒業生を介護現場に輩出している、和歌山YMCA国際福祉専門学校では、同じ夢を持って学ぶ在学生がお互いに協力し合い夢を実現するために頑張っています。

山下 采紀 さん
spe

Student Voice

山下 采紀 さん
和歌山県立和歌山商業高等学校 出身

利用者様を心身ともに
支えることができる
介護のスペシャリストに!

どの授業も実践で役に立つものばかりですが、私がいちばん好きなのは介護実習です。自分が利用者様の気持ちや立場になることで、心身ともに支える介護ができるようになるからです。現場実習では、受け持ちの利用者様に対して自作の支援内容を実施したことで仕事への責任感が深まり、学びへの意欲がますます高まりました。またクラスメイトにはベトナムや中国からの留学生もいて、異文化で育ったからこそ生まれる発想や意見に刺激を受けています。現在は介護福祉士の国家資格取得に向けて一生懸命に取り組んでいます。

梶間 亮 さん
spe

Student Voice

梶間 亮 さん
和歌山県立紀の川高等学校 出身

元介護職員としての経験に
理論にもとづく知識をプラスし、
ステップアップをめざす!

介護職員だった私は、約4年半勤めた施設を辞めて本校に入学しました。自分の力不足を痛感することが多く、介護の専門的な知識や技術を学び、自分に自信を持ちたいと思ったことがきっかけです。本格的に介護を学んでいる今、いちばん好きな授業は、福祉施設での「現場実習」です。利用者様との触れあいから「コミュニケーション技術」の授業での学びを活かせるからです。施設に勤める看護師、社会福祉士、理学療法士とも意見を交換できました。卒業後の目標は、福祉施設で働きながら社会福祉士の資格を取得することです。

チャン ティ フォン さん
spe

Student Voice

チャン ティ フォン さん
ベトナム 出身

質の高い介護福祉を学ぼうと
ベトナムから留学し、
きめ細かな技術を修得!

母国のベトナムにおいて、近い将来、高齢化社会が予想される中、日本で質の高い介護福祉の知識と技術を身につけようと考えて和歌山YMCAに入学しました。授業の中では、みんなで意見を述べあうグループワークが気に入っています。技能の獲得や成長につながるのはもちろん、話し合いを通してお互いに相手を理解し、豊かな人間関係の構築にもつながるからです。学外実習では、利用者様によって一人ひとり異なる個性を理解した上での支援が大切であること、介護におけるリスクを避けるために気をつけるべきことも学びました。

ジョアン タオ さん
spe

Student Voice

ジョアン タオ さん
中華人民共和国 出身

私のケアによって利用者様が
笑顔になった時は感動し、
介護の有意義さを実感できた!

インターネットを通じて日本の介護技術が優れていることを知り、自分もマスターしたいと思って訪日しました。介護福祉士の資格取得後は、日本で経験を積んでから中国へ帰国し、介護現場のリーダーとして頑張りたいと考えています。1年次の学外実習では緊張もしましたが、少しずつ自分の意見も主張できるようになっていきました。また、私のケアによって利用者様が笑顔になった時にはとても感動し、自分の行いが有意義であることを実感できました。実習中にいろんなことを教えてくださった職員の方、利用者様に、心から感謝の気持ちを伝えたいです。

お問い合わせ

和歌山YMCA
国際福祉専門学校

〒640-8323
和歌山県和歌山市太田1丁目12-13
073-473-3338

受付時間: 午前10時~午後5時
※日・祝休館となります。
年末年始の終日は、受付しておりません。